オレンジキャットの育成日記

ナマズ好きの大阪人です。 オレンジキャットがタイトル通りメインのはずですが、あまり登場しません。 ほとんどがナマズ以外の話題だと思います。
飼育生体:オレンジキャット/ウッドキャット/ジャガーキャット/スネークヘッド/シクリッド/ザリガニ


オレンジキャットの育成日記


2014年10月26日開始


オレオ

オレオ(2015年5月31日撮影)

リッツ

リッツ(2015年5月31日撮影)

カテゴリ:熱帯魚 > シクリッド


ペルー産オスカー、地味なこの子の初写真集です。
今まで何匹かオスカーを飼っていますが、とびぬけて地味です。
お店で真っ黒なこの子を見たとき、大きくなったらどんな子になるんだろ?
って気になって・・・といってもまだあれからひと月ですが。


DSC05823

それでもひと月経つと飼い主には慣れてくれました。
カメラを近づけても全く物おじしません。
餌を入れようとするとジャンプしてきて水槽回りに水がちょっと零れます。
プロホースで掃除しようとする時だけですかね、逃げるのは。


DSC05820


それにしても、やはり食欲はすごいです。
それに比例して糞の量もすさまじい!
今まで飼育したすべての魚の中で断トツ一位!
食べる量じゃありません。水が汚れるスピードです。。。
水換え四日でめっちゃ濁ってました。。。

食べているところを見るのが楽しくて朝に夜にあげていたのですが
さすがにこのままじゃまずいと他の魚と同じように一日一度に。
半分にすると濁らなくなり、糞の量も人並みになりました。
これはホッとしました。正直。


DSC05849

(名残かもしれませんがガラス面にミズミミズ発見w)


DSC05859

初めて撮れた真横の写真。
左側。


DSC05852


そして右側。
暗くてわかりにくいですが、真っ黒なだけではなく
薄っすらと模様が出てきていますね。
でも赤い部分は眼状斑のところだけ。


どんどん大きくなってほしい、という想いはもちろん強いのですが
大きくなればなるほど水槽の引っ越しも早く考えないといけなくなるので悩ましいです。
(45cm水槽じゃ無理があるので)
それでも目指せ30cm!


オスカーはザ・ペットフィッシュですよ。
こんなに成長が早く、また人馴れも早い魚は他にいないんじゃないでしょうか?


 


45cmハイ水槽マンションの1階にフィルターを設置しました。
上下の水の循環が止まるとか、電源入れるの忘れるとかしたときに
ダイレクトに水質悪化につながらないようにクッションとして機能してくれるとの期待しています。


というわけでこちら。

DSC05659

初GEXです。メガパワー2045です。
テトラで正圧式のフィルターは懲りたのですが
補助にはちょうど良い値段だったので買ってみました。
ホントにかわいい1リットルサイズです。


DSC05672

上の写真からグルーっとホースを伸ばして水槽の右側から吸排水しています。
付属ホースが短くて届かなかったので、ネットの情報を参考にし
テトラのクーラーCX-30のホースを別途購入してこっちを使っています。
ちなみに
付属:60cm
テトラ:100cm
です。

流量は当然MAXにしています。大した流量じゃありませんが。(消費電力3Wですし)


DSC05673


水中ポンプはでかいでかいと言われていますが、確かに小型水槽なら大きいかもしれませんね。
それよりもこの形状は初めてでした。
前から見るとスリムですが結構な奥行きがあって
上手く使うと場所を取りませんが、下手に設置すると存在感がすごいことになりそうですね。



で、フィルターは結局これと、テトラのスポンジフィルターの
一番大きなものを併用で稼働させています。




では最後にこの水槽の住人を改めて紹介します。
前回の記事ではビビりで全く前に来ませんでしたが
導入から約1か月経過しましたので、ビビりも解消しました。


DSC05685


DSC05684


DSC05674


ペルー産の地味オスカーです。
なんとなく2cmくらい大きくなったのではないかと思います。
ちなみにこの子、さすがオスカーというべきか。
うちのメンツで30cmオーバーがいる中
最も大食漢で糞が多いです。半端ない量です。
おかげで水が濁るくらい。何か対策を立てないと。
 


東京出張でハンドキャリーでお持ち帰りした更紗フラミンゴ
東京のホテルで夜中に棚から落下して、うちについたら水が新聞くずまみれ
(一番内側の袋だけ破裂したようで)
自宅についたら瀕死の状態。
辛くも助けることができました。

しかし受難は続く。
飼い始めは上記のようなことがあり単独飼育をしていたのですが
その後その水槽を空けたくなり、フラミンゴは隣の水槽へお引越し。

すると次の日起きてふと水槽を見てみると、フラミンゴが見当たらない

おーっと、オレンジキャットの口から尻尾が生えているではないですが!
慌てて引っ張り出すとすでに虫の息。

元の水槽に逆戻り。
そして復活。

とこんな経緯があると愛着もわくというもんです。

あれから7か月が経過しました。


DSC05606

健在です。
ご飯もよく食べますし、ちょっと大きくなりました。
今後ちゃんと測ってみようと思いますが、3cmくらいは大きくなった??

ただ瀕死の重症を負わせた飼い主に恐怖心を抱いているのか
よく耳にする、飼い主に対する威嚇は全くすることがありません。
アクリル板二枚越しに隣の魚には威嚇していますが。


DSC05596


DSC05600

 
そしてオデコも結構大きくなってきました。
今後が楽しみです。



そして45ハイ二階建ての二階はフラミンゴですが
一階の住人が変わりました。

DSC05590

まだ慣れてくれていませんが
ペルーのオスカーです。
店頭で真っ黒なオスカーがいたので飼ってみました。
オスカーはほんとなんでも食べますねー

大袋のグロウFが大量に余っていたので
この子に処分してもらいますw
今は10cmくらいです。
成長早いのでいつまでシクリッド2匹で二階建て水槽に暮らせるか

ちょっと不安ですね。


導入当初から落とされたり食べられたりとトラブル続きだったフラミンゴ
最初から変わらず、45cmハイで単独飼育中です。
それでももう導入から7か月程度経過し、ちょっと大きくなってコブがでてきています。


とはいえこれで順調なのかというとそうではなく
当然のように45cmハイは小さいんですよね。。。

45ハイは60標準よりも少し小さい60リットル水槽です。
フラミンゴの大きさは20cmくらいでしょうか?(適当です。

ちょっと水やりをさぼったり、エサをあげすぎたりすると
すぐにフラミンゴの鱗が荒れてきます。

多少あれるくらいならすぐ直るのでちょっと油断していたのですが
残業続いてとかであまり見れていない時があってかなり大変なことに。。。


というわけで、2/10の記事に書いているのですが
45cmハイ水槽を連結して水量二倍にしていました。
いわゆるオーバーフローですが、ダブルサイフォンというタイプ。

しばらく様子みてて問題もなく安心していたのですが
安心したところにまさかの上段水槽がオーバーフローして水浸し。
前代未聞の量の水が流れてしまい、となりの和室まで浸水することに。。。

さすがに妻には怒られました(笑

二度目はないぞと言われていませんが、当然自分でそう思っているわけで
ダブルサイフォンなんかこわいこともう二度とできません。

とととととというわけで、

えいやっ!!


上段下段をさらにひっくり返して、上段をアクリル水槽に戻し
底面にでっかい穴をあけてやりました。


つまりはシンプルなオーバーフロー水槽にしたわけです。


DSC05538


どどーん。
安定感抜群!上段水槽の排水が詰まるとかがないようにしていますので
これでもう絶対安心です。
せっかくJUNのクオリアとかいう45度カットガラスを使った高価な水槽を買ったのですが
上の写真の通り、下側においちゃうと板で普段は見えなくなりました。
あーもったいないもったいない。

ですが、これをして以降はフラミンゴの肌荒れもなくなりましたし
あふれる心配もなくなりました。
というわけで結果オーライです。




んで、当然のように下側の水槽には水オンリーとかさみしいことはしない主義(?)なので
ちっこい子達をお迎えしました。


DSC05539



DSC05543

久しぶりの飼育です。サタンプレコ二匹。どっちもペルー産です。

やっぱプレコはかわいいですね~!

ちょっと久々のブログです。
残業残業ばかりで疲れて書く気になれず
やっと残業終わったと思いきや、次はインフルだなんて。

社会人になってから年々病気になりやすくなってきたような気がします。。。
年取ったことよりも運動不足が原因な気がしますなぁ。。。汗

あー、来週の会社が恐い。
すごい悪いタイミングでインフルに罹ったので面倒な仕事を押し付けてしまいました。
でも予防接種はちゃんと受けてるんですよ~~




さてさて気を取り直して 魚ネタ。


 DSC05428

フラミンゴシクリッドは45cmハイ水槽に住んでいます。
一人暮らしです。

水量は水槽ギリギリまで水を入れてるので大体54リットルです。
ろ過は90cm用の外部フィルター1基です。

この水槽の水の汚れが尋常じゃなく早くて困っています。
多分ろ過能力不足じゃなく、単純に水量不足。。。

でも大きい水槽に移動できないし(殺すから殺されることになるから)、
この水槽をサイズアップするわけにもいかないのです。(妻に怒られてるw)

この子は東京出張のときに無理やり寄ったお気に入りショップで現地購入し
ホテルで一泊した上で新幹線でハンドキャリーして今に至ります。
飼い主に殺されかけるわ、リッツには食べられるわで最悪な人生(魚)を送っており
なかなかに思い入れのある子なんです。
なんとしてでも手放したくない!



というわけで、ものすごく悩んだ末にこうなりました。

DSC05491

ダブルサイフォン式のオーバーフローで水量アップです。
(ダブルサイフォン式については特許取られている方がいらっしゃいますので極力省略します。)


悩んだのは下側の水槽です。
上下共に45cm*30cmの水槽が置け、耐荷重は上下共に100kgで合計200kg以下らしいです。
安いわりに結構置ける仕様ですね。
ちなみにろ過は不足していないので濾過槽にはしません。

上水槽は高さも45cmの結構大きな水槽です。
せっかくオーバーフローするんだからと同じくらいのサイズの水槽を、と
チャームで探してみたもののガラス水槽だとアクアシステムのくらいしか見当たらず。
(アクアシステムが悪いとか言ってるわけじゃないですよ!)

上水槽と同じアクリル水槽を買おうにも2万円以上するし。。。こんなに高かったかな?
さすがに普段は見えない場所に置くことになる下水槽に2万円も掛けれないので買えません。

フレームありの45cm標準だと3000円しないんですけど、水量アップも多分20リットル程度です。
それじゃほとんど意味がないんだーーーーーー

ということで

探索範囲をチャームという店舗からさらに範囲を広げて世界へと!
(ワールドワイドなインターネットへ)

いいの見つけちゃいました。
ちょっとお高いので焼酎飲んでわざと酔っぱらってそのままポチりました。
お店は今まで何度も利用したことがあるところなので問題ありません!

お気づきかもしれませんが
上の写真(ダブルサイフォンの写真)の水槽はすでにアクリル水槽ではありません!
なんとガラスの水槽なのです!


ちょー予定外想定外な結果になったんですが、
元のアクリル水槽は下水槽になりました。
そして上水槽のガラス水槽はこちらです。


JUN クオリア4545
<http://jun-co.com/archives/product/クオリア4545/>

元の水槽と全く同じサイズの45cmハイ水槽です。ガラス厚は6mmです。
この水槽の特徴はガラスを45度カットしてくっつけている点です。
チャームでもアクアシステムが同様の商品を販売していたので以前から知ってはいました。


少し前に仕事帰りに中途半端に残業したのでぶらぶら、森ノ宮のアクアテイラーズに寄りました。
メインはホームセンターの方でしたが、ついでにと。

そこで見かけたのがJUNの45度カット水槽です。
上記の通りアクアシステムの45度カット水槽の紹介をチャームHP上で見ていたのですが
実際それを目にするのは初めてで、思わず「おー」って声を出すくらいでした。
となりのADA水槽と見比べましたが、JUNのもすごいキレイです。
ADAはさすがといわんばかりの薄薄シリコンで、ガラスも透明度が高くてキレイなんですが
私はメジャーなものよりもキワモノに目が行っちゃう派なんです。。。
JUNはいろんな形の水槽を発売しているのは知っていましたが、
普通の水槽も作っているんだと知ったのはこのときでした。
店内に水が張ってある同型水槽があり、改めていろんな角度から見てみましたが
やはり従来の接着のものよりもキレイに見えますね。



で、この時はまさか高さ45cmのものがあるわけなかろうと
特にネット検索をすることもなく終わってしまったんですが。。。
上水槽をガラスにしようなんてこの時はまだ心にも思っていませんでしたしね。


というわけで改めて上のと同じ写真をペタッと貼りつつ

DSC05491

そして次に45度カットの写真を載せるのです。


まずは上見。

DSC05501

強度に若干不安があるんですが、接着面積でいうと、
従来接着よりも45度カットの方が約1.4倍広いから強度高いのかな?

そしてこっちが重要

真正面から

DSC05517

アクリル水槽だと壁が見えるんですがさすがにそんなわけはありません。
シリコン層がありますからね~
ですがでもキレイです。違和感があまりありません。


あー
ちなみに
最重要な
「斜め見」
の写真を撮るの忘れていたので今度ブログに載せます。
どう考えても「斜め見」できるようにするのが45度カットの目的でしょう。。。




言いたいことは言ったのであとはサクッと。

濾過槽になってしまったアクリル水槽

DSC05502

今はテスト稼働期間中なので最低限の水量にしています。

DSC05504

こんな感じでタイマー使ってON/OFFしていますが
ちゃんと落水できています。

下水槽のフタはなんとJUN水槽のフタです。
サイズが100%合うなんてあるんですね!奇跡ですね!
VP13を1本分のスペースだけがうまく空いた奇跡のガラスフタです。

上水槽は給排水管があるのでこのフタは置けませんしね。

で、下水槽も本稼働になったら・・・

DSC05503

長らく狭い飼育ケースで暮らしているスネークヘッドが下水槽に引っ越します。


それでは。

DSC05493