オレンジキャットの育成日記

ナマズ好きの大阪人です。 オレンジキャットがタイトル通りメインのはずですが、あまり登場しません。 ほとんどがナマズ以外の話題だと思います。
飼育生体:オレンジキャット/ウッドキャット/ジャガーキャット/スネークヘッド/シクリッド/ザリガニ


オレンジキャットの育成日記


2014年10月26日開始


オレオ

オレオ(2015年5月31日撮影)

リッツ

リッツ(2015年5月31日撮影)

カテゴリ:熱帯魚 > アウケニプテルス


60キューブはナマズだらけで食欲旺盛もいいところ。
食欲旺盛でも全員が全員、エサをあげた途端に飛び出てくるわけではないので
やはり最後まで隠れる子にもエサがいきわたるよう
ちょっと多めに上げていました。

食べ過ぎで消化不良起こしてウッドキャットが1匹死んでしまったので
多め、には気を付けようと思いなおしたところ・・・なんですが
やはり水が汚くなるのが早いです。

今までは換水率40%くらいでした。

DSC05429

使いまわしの写真なので、斜めから撮っていてわかりにくいですが
ストレーナースポンジの水位まで限界ギリギリに水を抜くと換水率40%になります。

もっと換水したい場合は、水を入れてからまた抜く・・・なんてことを今まではしていました。

無駄ですし、効率も悪い

ということで

DSC05490

吸水パイプを伸ばして55%くらい換水できるようにしました。
110リットルくらいになるのかな?

いい影響が表れることを願っています。 
 


本日仕事から帰ってくるとウッドキャットが1匹亡くなっていました。。。
水質悪化の懸念があったので、毎日帰宅後はチェックしていたのですが
そこに敷き詰めた塩ビパイプのシェルター付近を端から端まで眺めて
「今日も大丈夫みんな元気そう♪」
って思ったあとのことでした。

よくみるとでかいのが浮いてる・・・

16cmくらいあるので大分成長していたようで誰かはわかりません。
多分ブリードの子のような気がします。


で、多分死因は消化不良によるもの、多分食べすぎ。

食べれない子が出ないように多めにエサをあげてたけれど
すごく食べてたのがブリードの4匹。
そのうちメスの3匹のうちの誰かじゃないだろうかと考えています。


これは結構大きな問題ですね。
エサを多めに上げると食べ損ねる子は減りますが、食べすぎる子も発生するという。
今は2日に一度エサをあげていますが、もうちょっと長めにインターバルを設けた方がいいのかも?




今度全員の身体検査をしてみます。
それで誰がなくなったのかわかるはず。
 


新魚お迎え最終章は終わって私の水槽は満員御礼だったはずなのに。
ウッドキャットって大人しいのでつい、増やしてしまいます。
今回の場合はろ過強化したこともあり、さらに欲しかった子たちなので
年末セールとYahooクレジット入会特典で半額くらいになる、ということで
買ってしまいました。
これからはTポイントを貯めることになりそうです。
今までは最寄りのコンビニがファミマなのにもかかわらず
Tポイントは貯めてませんでした。
(期限の切れたTSUTAYAカードはあるんですけどね)


しかしウッドキャットオーバーフローですわ。
ろ過強化したといってもこれ以上はもう増やしません。。。

DSC05429



今日は写真ありません。。。
諸事情があってゆっくり導入手続きをとれなかったので。
(じぃちゃんばぁちゃんがうちに来てましたが、予定通り帰ろうとしたところ
子供らがお出かけと勘違いして靴をはいてついていこうとしたので、
「帰るんだよ」と伝えたところ、二人そろってブチ切れまして、仕方なく
みんなでご飯を食べに行くことになったので、慌てて水槽にほりこみました。
ちゃんと水合わせはしてるので問題ないんですが、写真は撮れず。。。)


今回お迎えしたのはこちら。

・オレンジウッドキャット パラグアイ産 16cm
・マーブルウッドキャット ボリビア・マモレ川産 14cm

写真はいつか撮れた時にでも。
これでウッドキャットだけで11匹です。
ジャガーキャットを合わせると
アウケニプテルス科だけで14匹です。
ちなみにピニランプスは泳ぐ場所が狭すぎてかわいそうだったので引き取ってもらいました。
そしてその他オスカーとセルフィンプレコがいて合計16匹です。


これだけいると難しいのがエサを行きわたらせることです。
というか誰か食べれていない子がいるのかどうかなんて把握できません。
ウッドキャットはホントによく食べるのであまり心配はしていませんが。
ちょっとブリード4匹衆がよく食べ過ぎてエサを上げすぎているところがあります。 

またしばらく心配しつつも楽しい日々が始まります。 



ちなみに写真の下半分にうつっているのは作業中の光景です。
水槽台の中にはいろいろごじゃごじゃとしたものが入っています。
今のところ子供らは興味を引かないでいてくれますが、
いつかいじられる日が来てしまうと大惨事です。
今回ろ過強化してフィルター増えましたので、目を引く確率が多少あがりました。
そんなこんなで思い立ってフタを取り付けたというわけです。

フタの正体はホームセンターで数百円で二枚組で売っているスノコです。
磁石でくっつくようにしており、コーヒーは接着中のスノコの支えになっています。 

あとは45cmハイ水槽の水槽台だけスノコを付けていないので近々対応する予定です。 
これで直接目に入ることがなくなるので関心は薄れるでしょう。

安全第一です! 


60キューブが黄色くなってろ材交換してストレーナースポンジを付けて・・・

とやってきましたが、

さらにさらに追加でろ過強化を行いました。
ホントはオーバーフロー!!!
とかやってみたいですが、水槽交換からとなると敷居は高すぎて超えれません。
サイフォンとか信用できなさすぎて実行に移せませんし
何より子供らの手の届くところに水がじゃばじゃばしているのは不安です。。。



ってことでこちら

DSC05358

チャームでポチりました。
サブフィルターとろ材のセットです。
ろ材はなんかよくわかりませんが、プラスチック素材のリングろ材です。
水に浮くそうですが、触ってみた感じ硬くてそれほど軽くはありません。

上記は当然ポチる前に分かっていましたが、なぜこれを選んだかというと
リングろ材のリングの内径が大きかったので、
サブフィルターとして連結しても流量低下を最低限に抑えるだろうと考えたからです。


セットのろ材容量は6リットルで、2217のろ過容量は6リットルなんですが、

DSC05359

全部入れるとこうなります。
フィルターにあるラインはフタがここまできますよーのラインです。

どうみてもろ材全部入れるとラインまできちゃってますね。
ろ材を入れてから付属しているろ材固定版を入れるんです。

エーハイムクラシックは有名なのでたいていの人は知っていると思いますが
ろ材固定版とやらの写真をチャームから拝借。


この板をフィルターの上部、下部に一枚づつ挟みます。
足の出ている方を端側に、つまり上部の場合は上側、下部の場合は下側です。


つまり、上部のろ材固定版を正しくセットするには
このろ材固定版の高さ分を差し引いてろ材を入れないとダメなんです。
ろ材固定版は多分ろ材全体に水流を行きわたらせるためのものだと思います。
これがないと止水域が上部の端にできちゃうんでしょうね。


というかこれもポチる前に知ってましたが・
何せ2217はサブフィルター含めて二台まさに使っていますし。。。

2217のろ材容量は5リットルです。
濾過槽容量は6リットルですが、実際には5リットルです。

チャームが知らないとは思えないので1リットルは予備だと考えましょう。

ですが
6リットル送られたら多分ほぼ全員が6リットルセットしますよね。

もちろん私も6リットルセットしたままろ材固定版をひっくり返してセットしました。
つまり上の写真のままです。

でもセットしたろ材は5リットルと考えておいた方が多分よいでしょう。
1リットル近くの分は能力を発揮できないはずです。
嫌気になられてもこまりますが。。。


そして60キューブにセットしました!

DSC05385

デデン!!

パッと見では2217が3台ですが
実際には2217が1台と、サブ2217が二台です。

DSC05383

この写真を見てもらったらわかるとおり、
この水槽は外部フィルター2系統でろ過をしています。
右側が排水ですが、グニョーンと伸びているのが今回増設した系統です。
今はグニョーンですが、そのうちうまく収まるように改善します。
一先ず問題ないのでこのまま。

DSC05384


ちょっとアップするとこんな感じになっています。
サブなのかどうかは電源コードが伸びていればわかりますが
そんなもの見えないのでわかりません。。。

説明すると

1系統:2217
2系統:2217サブ+2217サブ+ポンプ(エーハイム1250)

という仕様になっています。

実は2系統の内一つはもともとサブで、外部接続のポンプで稼働しています。
このポンプは吸水16/22の排水12/16なので、2217と同様です。

エーハイム1250は流量1200リットル/hなので2217の1000リットル/hより上です。
なので2系統目に増設することにしました。
上記ろ材選定の目論見通り、流量低下はあまり感じられません。

今回の強化によりまして
全ろ材の容量は
外部3基と上部1基で合計17リットルほどになりました。

調子あがってほしいです。
 


先日水槽の水が黄色いということで外部フィルターのちょっとした掃除と
ろ材の交換を行いました。

一つ間違いないことはエサが腐ると臭くなるし黄色くなるってところ。

上部フィルターに吸い上げられたエサを放置していると明らかに腐った臭いがします。
分かってからはウールマットを週に一度交換するようになりました。

で、上部フィルターなら毎週マット交換なんて真似が簡単気軽にできるんですが
外部フィルターはそうはできません。

ぶっちゃけ今までは外部フィルターにエサ吸い込ませて分解させちゃえばいんじゃね?

とか考えていたんですけど、
まぁダメですよねw
今回はさすがにダメでした。

というわけで

DSC05374

二系統ある両方のストレーナーにスポンジを装着しました。
スポンジの掃除の手間が増えましたが、水質悪化とは比べるべくもありません。

というわけで課題の一つは解決です。


ついでに

DSC05379


となりの50キューブにも同じものを装着しました。