DSC05868


このブログの看板魚
オレンジキャットのリッツです。

今まで20cm級のラビアータスを食べ(没)、フラミンゴを食べ(存命)・・・
と「ナマズは肉食!口に入るものはなんでも食べる!」を体現したような魚です。

実際に口に入れば食べれるのかは分かりませんが
(実験しようものなら魚も水も腐って当の本人(魚)もお陀仏必至ですしw)
口に入れられた魚はどうも逃げることができないようです。
吸いつかれているのか、引っかかっているのか、どちらかなんでしょうが。

で、リッツですが、
ずっといっしょ、といっても1年程度?ですが、混泳している魚がいます。
上の写真の奥の方でチラっと見えていますが、アーモンドSHです。
サイズはリッツとほぼ同じ33cm程度で、たまに威嚇することはありますが
基本非常に穏やかな性格のようです。



ででで、それだけ混泳していたら「この子は大丈夫!」って安心するじゃないですか?



食べられたんです。。。ついに。


あ、未遂に終わっています、なんとか。
小魚掬う網(ロングバージョン)で10発くらいつついてやったらようやく「( ゚д゚)、ペッ」
ってやったのですが、元気でした。
(以前のフラミンゴ救出時のようにギリギリではなく、どうも食べられた直後だったよう)


いやしかし、
同じサイズの魚も食べるんですね、いやもうビックリ。
発見したのが平日の朝だったので、もちろん仕事があり休めるわけも遅刻できるわけもなく
仕方なく「( ゚д゚)、ペッ」とさせたまま出勤したんですが
帰宅して無事を確認できるまでホント気が気じゃありませんでした。
こう書いているのでもちろん無事だったんですが。



というわけで
帰宅してすぐに隔離計画発動。

50キューブ:リッツ ⇒ 45cmハイ2Fに移動
      アーモンドSH ⇒ 移動なし
45ハイ2F:フラミンゴ ⇒ 50キューブに移動

フラミンゴとチェンジしました。


DSC05873

初の単独。でも初の狭さ。
窮屈は仕方ねーんだ反省しろ!とわんばかりの状況。
でもすごく快活に泳いでいました。今までににくらい。
ま、およぐスペースないんですがね。



DSC05872


こちらが50キューブ。
フラミンゴってものすごく気が荒くて気が強いんですが・・・
最初はアーモンドSHが威嚇していたんですが(先住者だから)
すぐにフラミンゴに威嚇し返されてあっけなく隅っこに。
多少の小競り合いはあるものの、翌日夜も別にお互い怪我はない様子。
でもやっぱアーモンドSHは隅っこに。


このままじゃやばいので一時しのぎです。
いつやられるか、時間との勝負かもしれません。



リッツもやはり狭いのはかわいそうですし、看板娘(?)ですし。





はぁ、なやむ。
 




余談ですが
リッツとフラミンゴが暴れたせいで
周りは水浸しになりましたw
大きい魚を移動するのはこれが一番困りますね
ブログランキングに参加しています。
ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村